大切なペアウォッチが止まってしまった時に

大切なペアウォッチが止まってしまった時に

大切な方と一緒に買ったペアウォッチ、気がついたら針が止まっていたことはありませんか?
針が止まってしまうと買った相手との仲まで止まってしまう気がしてしまいますね。

 

それは故障ではなく電池切れかもしれません。
電池で動いている時計の場合は電池を交換するだけで動きます。
しかし3〜4年止まったまま電池交換をしなければ電池が液漏れや中に使われているオイルが固まったりしてしまい壊れてしまいます。
早めの電池交換を心がけ、ペアウォッチを大切に扱いましょう。

 

まだ動いていて使えているが秒針だけ取れてしまったペアウォッチもそのまま放置せずに時計屋さんに見てもらいましょう。
秒針のない時計は連鎖的な故障に繋がりますので必ず修理していきましょう。

 

大切な人との気持ちや思い出が一杯詰まったペアウォッチを再び動き出させて大切な方の思い出や大切さを再認識していきましょう。
しかし修理不可であったり、修理費用がかさむ場合には前向きな気持ちで新しいペアウォッチを選ぶのも良いでしょう。